京指物 稲尾誠中 展

4月2日(木)→8日(水)
※最終日は午後4時閉場
6階
京王ギャラリー

木の優しさと美しさを際立たせる風炉先、炉縁、水指棚、香合など茶の湯には欠かせない京指物の作品を展覧即売いたします。

流水透腰風炉先

唐松蒔絵紅柄塗 炉縁 而妙斎御家元御書付

屋久杉蛤菊置上香合

【ごあいさつ】
この度、京王百貨店様の御厚意により個展を開催させて頂く運びとなりました。京指物を継承して約五十年、今なお変わらず仕事をさせていただいている事に感謝しております。約束の多い中で茶道における指物の分野の仕事を手がけてまいりました。きめ細かい木目を生かした作品をてがけていこうと思っております。皆様には、ご多忙とは存じますがご来場賜りまして、ご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。 稲尾誠中

【略歴】
1947年:二代目長男として生まれる
1969年:家業の京指物に従事する
1980年:建仁寺前々管長 竹田益州老師より三代目誠中斎を拝受
2001年:伝統工芸士の認定を受ける
2002年:建仁寺現管長 小堀泰巖老師より誠中斎、改め誠中の号を拝受
2003年:久田宗匠より御家元の出入りを賜る
2005年:久田宗匠 ?寿御好展に協賛
2007年:堀内宗匠 卒寿御好展に協賛


トピックス一覧へ

TOPへ


Copyright(C)
Keio Department Store
Co.,Ltd